RSS1.0 | Atom0.3
<< はじめに&ジュゲム テンプレート カスタマイズ(SEO対策) 記録 | Top | エグザイル(EXILE) あつし(アツシ・Atsushi)-画像・待ち受け・壁紙、彼女、中島美嘉(なかしまみか)- >>

スポンサーサイト

←クリック!

一定期間更新がないため広告を表示しています

←クリック!

| - | | Clips | Ranking

あ・うん 1989年 東宝(あ うん 1989 年 東宝)

←クリック!

あ うん 1989 年 東宝について紹介します。

「あ うん 1989 年 東宝」とは?


あ・うんは、1989年に日本の東宝の映画です。向田邦子原作の同名小説が映画化されたものです。昭和初期、東京・山の手を舞台に中年実業家の友情を描いています。監督は「極道の妻たち 三代目姐」の降旗康男、撮影は同作の木村大作が担当し脚本は「座頭市」の中村努が執筆しました。

「あ うん 1989 年 東宝」のキャスト


高倉健(タカクラケン):門倉修造
富司純子(フジスミコ):水田たみ
板東英二(バンドウエイジ):水田仙吉
富田靖子(トミタヤスコ):水田さと子
山口美江(ヤマグチミ):まり奴

「あ うん 1989 年 東宝」のキャスト一覧


監督:降旗康男(フルハタヤスオ)
プロデューサー:石井幸一、伊藤伴雄(イトウ)、進藤淳一(シンドウジュンイチ)
原作:向田邦子(ムコウダクニコ)
脚本:中村努
企画:市古聖智
撮影:木村大作(キムラダイサク)
音楽:朝川朋之(アサカワトモユキ)
美術:村木忍(ムラキシノブ)
編集:飯塚勝(イイヅカマサル)
録音:橋本泰夫(ハシモトヤスオ)

「あ うん 1989 年 東宝」のあらすじ


舞台は昭和12年春のこと。中小企業の社長・門倉修造は、軍需による好景気で威勢良く、そして男前ということもあり妻・君子がいながら女性の影は絶えなかった。一方、門倉と20数年来の付き合いを続ける水田仙吉は、性格は地味で会社勤めのつましいサラリーマンだったが二人は気が合っていた。門倉は再び水田家族と付き合いを始めることになる。水田が3年半ぶりに地方転勤から東京に帰ることになったのだ。ある日、水田の娘であるさと子は君子の紹介で帝大生の石川義彦と見合いをしたが、仙吉は身分不相応という理由で断わってしまう。その後、さと子と石川はデートを重ね互いに愛を感じ始める。門倉と水田の妻・たみは家族ぐるみの付き合いの中で互いに好意を持つが、それは自分の胸にだけ秘めたる想いだった。仙吉は女には紳士だったが門倉の紹介で芸者まり奴に目をうばわれる。門倉はたみを考慮し、強引にまり奴をうばう。しかし、逆に君子や仙吉をきづつけてしまう。門倉はたみに惹かれていく自身を止めようと料亭で仙吉に喧嘩を売り、水田家と絶縁してしまう。義彦は特高に捕まり、水田はさと子に別れるよう言うが、いまさら二人の仲を崩すことはできなかった。門倉は最後の別れを言いに水田家に行く。ちょうど仙吉が転勤でジャワ支店長になることが決定した時である。その時義彦も召集令状を受けさと子に別れを告げる。門倉は去っていく義彦をさと子に追わせる。自分は水田家で久しぶりに仙吉、たみと酒をくみ交わしたのだった。

「あ うん 1989 年 東宝」のDVD情報


タイトル:あ・うん
製作:1989年
監督:降旗康男
出演:高倉健、富司純子、板東英二、富田靖子、山口美江、真木蔵人、大滝秀治、三木のり平、宮本信子
発売日:2005年1月21日 発売
価格:4725円(税込)
発売元:東宝
販売元:東宝
品番:TDV-15008D
特典:-
映像特典:予告編
収録時間:114分
画面サイズ:16:9/4:3(LB)
色:カラー
字幕:日本語字幕
音声:日本語:DD(モノラル)

←クリック!

| 映画-あらすじ・キャスト・画像・動画- | 18:19 | Clips | Ranking

スポンサーサイト

←クリック!

←クリック!

| - | 18:19 | Clips | Ranking
オススメ!!!

・もう見れなくなったかな?
ランキング上位のオカマだけど・・・
は必見!

CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS