RSS1.0 | Atom0.3
<< Gmail【Google(グーグル)】を上手に使う方法・使い方 | Top | 【人に会わない!!】で売り上げトップになる・売上を上げる営業術とは? >>

スポンサーサイト

←クリック!

一定期間更新がないため広告を表示しています

←クリック!

| - | | Clips | Ranking

【しぐさとビジネス】目のしぐさ・手のしぐさを見抜き相手の心理を探る

←クリック!

相手のしぐさをを見抜き、相手の心理を探ったり、交渉を有利に進める方法を紹介しています。



しぐさとビジネス



商談中に取引先の人の考えていることがわかったり、上司や部下の本心がわかったらビジネスがスムーズにいくと皆さんも思いますよね。相手がどう思っているのかわからないからどう話していいかわからない。そういう時ってありますよね。しかし、人はいつも本当の感情や気持ちを伝えていたんです。もちろん、うそをついたり煮え切らない態度の人もいます。言葉が伝えている情報は7パーセントといわれます。なんと残りの93パーセントは「表情やしぐさ」なのです。つまり、相手の表情やしぐさを理解できれば本心がわかったり有利な立場を取れるわけです。

しぐさの裏に隠れた本心を身につけ情報心理戦に打ち勝ちましょう。

←クリック!

目のしぐさで交渉を有利に進める方法



交渉ごとがうまくいくかどうかを知りたい場合は、目のしぐさを見るのが重要です。

交渉ごとだけでなく相手の心理を読む上でも「目」は重要です。

相手の出方次第で対応を迫られる交渉の場面では、目はうそをつけないからです。また、それを逆に利用する方法もあります。長期戦を強いられる交渉相手と商談をする場合には、できるだけ目線を高くしてみてください。人間は見上げる視線になると相手を批判できにくくなります。

軽く目をつむったり周囲の視線が気になっているときは、相手を急がせてはいけません。じっくりと話を進めましょう。

瞬きが多い場合は、こちらの話に感情が動いています。落ち着こうと必死なのかもしれません。交渉をどんどん進めましょう。じっと見つめられる場合は、こちらの話に冷静に判断を下そうとしています。誠意をもって話を主張しましょう。



手のしぐさで相手の心理(好意を持っているのか)を知る



相手が自分に好意を持っているかどうかは手の動きに表れやすいといいます。

こんな経験ありませんか?

落ち着いているときは手が緩み伸びています。動きもゆっくりになります。逆に緊張していると固く、拳を握ったり、動作も速くなります。

これを相手に置き換えればわかりますね。相手の手が落ち付いた動きであれば好意的と考えてよいでしょう。注意しなければならないのは体調の悪いときです。蚊にかまれたりしたら・・・落ち着かないですね。



貴方に好意がない場合



相手が体をトントンとたたいている時は、退屈しています。早急に話題を変えましょう。体の一部分を触るときは、痛みや不快の可能性があります。人は無意識に気になる部分に手を当てます。会話は短めにしましょう。



貴方に好意がある場合



相手のジェスチャーが大きい場合は、貴方との会話を楽しんでいる証拠です。聞き役にまわり会話を楽しみましょう。手をひざに置く場合は、貴方を尊重しています。真剣な態度で聞く一番よい姿勢といえます。もちろんこちらも相手に対し尊敬の念を持ちましょう。



JUGEMテーマ:ビジネス
| 心理学・心理術・心理戦術 | 13:52 | Clips | Ranking

スポンサーサイト

←クリック!

←クリック!

| - | 13:52 | Clips | Ranking
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://clips002.jugem.jp/trackback/348
トラックバック
オススメ!!!

・もう見れなくなったかな?
ランキング上位のオカマだけど・・・
は必見!

CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS