RSS1.0 | Atom0.3
<< インド式計算〜今、巷で話題の計算法とは?〜 | Top | 2008年の注目キーワード10は「洞爺湖サミット」と「北京五輪」 >>

スポンサーサイト

←クリック!

一定期間更新がないため広告を表示しています

←クリック!

| - | | Clips | Ranking

【英語】Yahoo!辞書を利用した英語の文法の検索方法

←クリック!

最近、英語の和訳作業(技術英語の和訳)が増えたのでブラウザには常に「Yahoo!辞書」と「Yahoo!翻訳」、すでに和訳してくれているサイト(技術英語和訳の参考のため)が大量に開いています。

←クリック!

単語単位だとなんとなく分かるのですが、詳細に訳していくと英文法が必要になります。

そこで利用するのが「Yahoo!翻訳」です。しかし、必ずしも日本人が文法に沿って文章を書けていなかったり、話していないのと同じように海外の人も正確な文法に沿って英語の文章を書いたり話しているわけではありません。これが大きな原因だと思うのですがめちゃくちゃな翻訳結果を出す場合があります。こうなったら地道に「Yahoo!辞書」を調べるのですが、欲しいのは単語の意味ではなく文法です。文法の用例が掲載されていますが探していくのが大変です。



そして、「"英語の文章"」をそのまま検索したり「"文法"+英語」を直接検索エンジンに打ち込んでいきますがなかなか見つかりません。



こんなとき思いついたのが文法検索です。

といっても難しいことではなく、「Yahoo!辞書」をサイト内検索しただけです。



サイト内検索とは同一ドメイン内の検索のことで例えば「Yahoo!辞書」内だけを検索エンジンから検索したいというときに利用します。

検索方法は、Googleの検索フォームに以下のよう打ち込みます。

キーワード site:http://dic.yahoo.co.jp/

site:http://dic.yahoo.co.jp/ キーワード


実際の検索結果はコチラです。



検索結果のリンク先がすべてhttp://dic.yahoo.co.jp/XXXXXであることが分かります。

検索結果(=用例)が多く出るので効率的に和訳することができます。



参考サイト



Yahoo!辞書 - Yahoo! JAPANの辞書サービス

http://dic.yahoo.co.jp/



Yahoo!翻訳 - Yahoo! JAPANの翻訳サービス

http://honyaku.yahoo.co.jp/



Google

http://www.google.co.jp/



JUGEMテーマ:インターネット
| 2.備忘録・アイデア・気付き | 09:38 | Clips | Ranking

スポンサーサイト

←クリック!

←クリック!

| - | 09:38 | Clips | Ranking
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://clips002.jugem.jp/trackback/326
トラックバック
オススメ!!!

・もう見れなくなったかな?
ランキング上位のオカマだけど・・・
は必見!

CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS