RSS1.0 | Atom0.3
<< yahooやgoogleに代表される検索エンジンで検索をする極意とは? | Top | ジロンカ・スメルキラー(zielonka smellkiller)の原理・効果 >>

スポンサーサイト

←クリック!

一定期間更新がないため広告を表示しています

←クリック!

| - | | Clips | Ranking

郵便貯金や簡易保険を満期がきてもそのままにしていませんか?

←クリック!

お子さんの進学や結婚などでまとまったお金が必要なとき、こんなことを思い出した肩は少なくないでしょう。
「貯金証書を見るともうすでに満期になっていた」
「封書の整理をしていると保険金の満期の通知がきていた」
「引越しで住所の変更届を忘れていたため満期の通知が届かなかった」
などなど・・・
満期がきてもそのままにしている郵便貯金や簡易保険はありませんか?また、郵政民営化後、こうした貯金や保険はどうなっているのでしょうか?

郵政民営化前に預け入れ又は加入した定期性郵便貯金や簡易保険は!?


郵政民営化前に預け入れ又は加入した定期性郵便貯金や簡易保険は、郵便貯金・簡易生命保険管理機構に引き継がれ、政府保証も継続払い戻し手続きは今までどおり郵便局等で行うことができます。
民営化したときに何か手続きが必要だったのかな・・・。そのうちにと思いながら満期金の受け取り手続きをしていない定額郵便貯金や簡易保険のある方はで心配している方も少なくないでしょう。
民営化以前に預けた定額郵便貯金・定期郵便貯金などの定額性の郵便貯金や簡易保険は、独立行政法人郵便貯金・簡易生命保険管理機構に引き継がれ、管理されています。政府による保証も継続されています。また、特別な手続きも必要ありません。
定期性郵便貯金や簡易保険の請求や払い戻しの手続きは、機構から業務委託されている「株式会社ゆうちょ銀行」や「株式会社かんぽ生命保険」の各店舗に加え、「郵便局株式会社」の郵便局窓口で今までどおり行うことができます。

満期後の定期性の郵便貯金は通常の郵便貯金の利息


定期性の郵便貯金は満期後、通常の郵便貯金の利息しかつかなくなります。ある程度まとまった金額であれば、運用次第でさらに増やすことができるため、早めに手続きを行いましょう。

JUGEMテーマ:資産運用

←クリック!

| 保険 | 20:38 | Clips | Ranking

スポンサーサイト

←クリック!

←クリック!

| - | 20:38 | Clips | Ranking
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://clips002.jugem.jp/trackback/296
トラックバック
オススメ!!!

・もう見れなくなったかな?
ランキング上位のオカマだけど・・・
は必見!

CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS