スポンサーサイト

←クリック!

一定期間更新がないため広告を表示しています

←クリック!

| - | | Clips | Ranking

さらば碧き面影-ロードオブメジャー、歌詞-

←クリック!

さらば碧き面影について紹介します。

クリップさらば碧き面影とは?


「さらば碧き面影」(さらばあおきおもかげ)とは、ロードオブメジャーのメジャーとして5枚目のシングルで2006年2月8日に発売されました。また、「さらば碧き面影」は通算8枚目のシングルになります。前シングルの「蒼天に向かって」から半年後のリリースです。収録されている4曲は、すべて歌詞が入りメンバーによればミニアルバムの感覚とのこと。また、近藤信政は、「ロードオブメジャーの裏テーマソング」とも言っています。なお、「さらば碧き面影」のテーマは「情熱」、「男らしい曲」。アニメ「MAJOR-2ndシリーズ-」のオープニング主題歌に起用されています。プロモーションビデオには、桂小枝が特別ゲストとして出演しました。

クリップさらば碧き面影 ロードオブメジャーについて


ロードオブメジャー(ROAD OF MAJOR)とは、テレビ東京系「ハマラジャ」のドキュメンタリー企画「ロードオブメジャー」でヘッドハンティングされ結成したロックバンドです。ROM(ロム)とも呼ばれています。バンド名の意味は、「メジャーの王道」ですがJUNK MUSEUMと契約するまでは、「メジャーデビューに向けての道」でした。

クリップさらば碧き面影の作品情報-収録曲等-


さらば碧き面影
作詞・作曲:北川賢一 編曲:ロードオブメジャー
Sunny Road March
作詞・作曲:北川賢一 編曲:ロードオブメジャー
ARI AND NAI 2006
作詞・作曲・編曲:ロードオブメジャー
偶然という名の必然(あっぱれ!秋っ晴れナイトっ!!2005 LIVE VERSION)
作詞・作曲:北川賢一
発売日:2006年2月8日 時間:12分42秒
チャート順位(オリコン):週間最高順位11位
売上枚数(オリコン):初動売上1.9万枚、累計売上4.8万枚
「さらば碧き面影」は、ベストアルバム「GOLDEN ROAD 〜BEST〜」にも収録されています。テレビアニメ「MAJOR〜2nd season〜」のオープニング曲です。

クリップさらば碧き面影の歌詞


編集中

クリップさらば碧き面影を検索!




楽天市場 | 楽天ダウンロード | 楽天オークション | Yahoo!ショッピング | アマゾン

←クリック!

| アーティスト/ミュージシャン | 00:48 | Clips | Ranking

さいたまんぞう なぜか埼玉 1981年

←クリック!

さいたまんぞうの主に「なぜか埼玉 1981年」について紹介します。

さいたまんぞうとは?


さいたまんぞうは、岡山県久米郡柵原町(現美咲町)で1948年12月9日に生まれました。本名は牛房 公夫(ごぼう きみお)です。
歌手・タレント活動を中心に「なぜか埼玉」など、埼玉県をモチーフにしたコミックソングで有名になりました。
「なぜか埼玉」というものの本人は、岡山県出身で、埼玉とは特につながりはないとう奇妙な歌です。現在は、草野球の審判などの活動が主で目立った芸能活動・歌手活動は行っていませんが、たまにテレビやラジオに出演しているようです。

芸能活動以外では1979年(昭和54年)から21年間明治神宮外苑審判協会に属する野球審判を務めた実績があります。所属事務所はニューライフ企画でどう事務所には、「おやじの海」の村木賢吉、「演歌チャンチャカチャン」の平野雅昭がいます。

さいたまんぞう なぜか埼玉 1981年とは?


さいたまんぞうが高校卒業後の1967年(昭和42年)4月に上京し職を転々とする毎日が続くなか転機が訪れたのが1980年(昭和55年)年末です。仲間内でつくったコミックソング「なぜか埼玉」でした。本人は嫌々歌ったようですが、バンド側では、芸名を「さいたまんぞう」とし、「なぜか埼玉」と「埼玉いろはづくし」という曲をカップリングして自主制作盤をつくり、県内各所で宣伝を行いました。
この時「なぜか埼玉」は、県内のローカルな曲でしかありませんでしたが、翌年1981年(昭和56年)2月に深夜ラジオ番組の「タモリのオールナイトニッポン」で紹介され物珍しさから全国で話題となりました。
そして、「なぜか埼玉」は8万枚を売り上げるヒットになりました。
これ以降、彼は歌手「さいたまんぞう」として活動を続けます。その後、同年12月には、「埼玉オリンピック音頭」、「なぜか埼玉海がない」を発表します。しかし、コミックソングであることには変わりなく人気は続かず、「なぜか埼玉」以降は、さいたまんぞうの低迷期となります。

さいたまんぞう公式ホームページ

←クリック!

| アーティスト/ミュージシャン | 17:01 | Clips | Ranking

うしろゆびさされ組

←クリック!

うしろゆびさされ組について紹介します。

うしろゆびさされ組とは?


うしろゆびさされ組(うしろゆびさされぐみ)はとは、おニャン子クラブに所属していた高井麻巳子と岩井由紀子(ゆうゆ)の二人で結成されたグループのことです。結成内定は1985年8月頃とされテレビ初オンエアは、1985年9月30日でした。
結成当初は「おニャン子クラブ・うしろゆびさされ組」とされ「おニャン子クラブの一部」のような感じでした。1987年4月5日、高井麻巳子のおニャン子卒業とともにうしろゆびさされ組は解散しました。
グループ名を考案したのは、秋元康と笠井一二(バラエティ番組「夕やけニャンニャン」のチーフディレクター)です。他にも色々と候補があったようですが秋元康の歌詞中の「うしろゆびさされ組」という言葉を笠井一二が気に入り、決定したそうです。

うしろゆびさされ組の裏話


ハイスクール!奇面組」の原作マンガに「うしろまわしげり炸裂組」というグループがパロディーで登場しています。
アニメ「ハイスクール!奇面組」の第63話「うしろゆびさされ組の卒業式ジャック」に出演し「うしろゆびさされ組」を歌いました。
田代まさしが、「最初は仲が良かったが、後期は不仲になっていた」と歌番組で言ったことがある。

うしろゆびさされ組の無料画像・壁紙・無料動画を検索!


Yahoo!検索 (画像検索)
画像サイズ - すべて | | | | 壁紙 | 大きい壁紙

Google画像検索
画像サイズ - すべてのサイズ | | |

無料動画を検索!
Yahoo!検索 (動画検索) | GyaO 動画検索 | Youtube

うしろゆびさされ組の作品


うしろゆびさされ組のシングル
うしろゆびさされ組 / 女学生の決意(1985年10月5日)
バナナの涙 / あぶないサ・カ・ナ(1986年1月21日)
象さんのすきゃんてぃ / 猫舌こころも恋のうち1986年5月2日)
渚の『・・・・・』(なぎさのかぎかっこ) / のっとおんりぃ★ばっとおるそう(1986年8月27日)
技ありっ!/ わたしは知恵の輪(1986年11月23日)
かしこ / ピタゴラスをぶっとばせ(1987年2月21日)

うしろゆびさされ組のアルバム
ふ・わ・ふ・ら(1986年6月5日)
ANbALANCING TOY(1986年12月15日)
∞(アンミリテッド)(1987年3月11日)

うしろゆびさされ組のビデオ
マジカルうしろゆびツアー(1987年3月29日)

うしろゆびさされ組の写真集
とっておきたいとっておき(1986年10月30日)
うしろゆびさされ組ファイナル「南回帰線」(1987年3月30日)



JUGEMテーマ:音楽

←クリック!

| アーティスト/ミュージシャン | 01:58 | Clips | Ranking

ずうとるび 笑点

←クリック!

ずうとるび 笑点について紹介します。

ずうとるび 笑点


なんと、ずうとるびは、日曜の長寿番組である「笑点」の出身なのだそうです。どうりでアイドル・グループにもかかわらず、「お笑い」のノリがあったのもわかります。

1974年のグループ(ずうとるび)結成は、「笑点」の「ちびっこ大喜利コーナー」で山田隆夫、新井康弘、江藤博利、今村良樹の4人が共演することに始まったといいます。ということは、山田隆夫は、大人になって出身番組の「笑点」に戻ってきたということですね。
ずうとるびの楽曲的にもビートルズやモンキーズなどの洋楽ポップスと歌謡曲をミックスしたような感じのものが多かった

ずうとるびとは?


ずうとるびとは、1974年から1982年まで活動した日本のグループでです。前述の通りテレビ番組「笑点」のコーナー「ちびっこ大喜利」で山田隆夫が座布団10枚を得たことでデビューしました。

山田隆夫は、ギターが弾けたのですが他のメンバーは楽器が出来ず、ドラムパートを争った(ドラムならできそう・・・)たという秘話もあります。デビュー曲は、1974年2月の「透明人間」(作詞・作曲:山田隆夫)でした。その後、シングル20枚、アルバム9枚などを発表し中には「みかん色の恋」や「恋の夜行列車」などのヒット曲もありました。

多数のバラエティ番組においても人気でNHK『紅白歌合戦』にも出場しましたが、1982年に解散します。グループ名は、「ビートルズ」をもじったものです。。

笑点とは?


笑点とは、日本を代表する長寿番組で寄席風の演芸番組です。1966年5月15日に放送がはじまりました。金曜夜席という番組が前身で1965年3月12日から1966年4月22日までの金曜日22:30から放送されていました。番組名は立川談志が三浦綾子の小説の氷点をもじってつけたものです。

氷点は、後にテレビドラマにもなりました。番組名の由来として他に、焦点というコメンタリー番組のパロディという説や「笑いの焦点」という意味もあるようです。笑点の収録は後楽園ホールで隔週土曜日の昼間に行われています。年に数回、ネット局の開局記念イベントなどで地方での収録が行われています。

JUGEMテーマ:芸能
JUGEMテーマ:音楽

←クリック!

| アーティスト/ミュージシャン | 00:07 | Clips | Ranking

いきものがかり(いきものがたり)-sakura(さくら)、うるわしきひと、歌詞、画像-

←クリック!

いきものがかり(いきものがたり)について紹介します。

いきものがかりとは?


いきものがかりは、CUBE Group・EPIC Records所属の3人組のグループです。
結成は、1999年2月にアマチュアバンドからです。バンド名のいきものがかりはメンバーの水野と山下が小学生のとき生き物係だったことが理由だそうです。「いきものがたり」ではありません!キャッチフレーズを「泣き笑いせつなポップ3人組」として厚木市・海老名市など神奈川県央地域を中心に音楽活動をっていたようです。
インディーズデビューは、2003年8月25日、アルバムは、『誠に僭越ながらファーストアルバムを拵えました…』です。メジャーデビューは、2006年3月15日でシングル『SAKURA』でソニー・ミュージックエンタテインメントのレーベルエピックレコードジャパンからの発売でした。

いきものがかり 桜咲く街物語


いきものがかりの「桜咲く街物語」は、2007年3月7日に発売されました。このときちょうどデビュー1周年の直前週でした。なお、2006年3月15日にシングル「SAKURA」でメジャーデビューしています。メジャーデビューシングル「SAKURA」から「うるわしきひと/青春のとびら」までの全シングルのA面曲と、一部カップリング曲を含む全14曲を収録しています。また、インディーズミニアルバムに収録されている「夏・コイ」も収録されています。ボーナストラックには、当初「うるわしきひと/青春のとびら」に収録が予定されていた「SAKURA -Acoustic Version-」が収録されています。
・SAKURA
・KIRA★KIRA★TRAIN(作詞/作曲:水野良樹、編曲:島田昌典)
・テレビ東京「Friend-Ship Project」テーマソング。
・HANABI
・君と歩いた季節(作詞/作曲:水野良樹、編曲:湯浅篤)
・秋のイメージし失恋がテーマ。
・コイスルオトメ
・流星ミラクル
・青春のとびら
・ひなげし(作詞/作曲:山下穂尊、編曲:湯浅篤)
・ホットミルク
『SAKURA』のカップリング収録曲。
・いろはにほへと(作詞/作曲:山下穂尊、編曲:江口亮)
・うるわしきひと
・夏・コイ(作詞/作曲:山下穂尊、編曲:田中ユウスケ)
・タユムコトナキナガレノナカデ(作詞/作曲:山下穂尊、編曲:島田昌典)
ライブで最後に演奏されることの多い楽曲。
・SAKURA -Acoustic Version-(Bonus Track)

いきものがかり sakura(さくら)


いきものがかりのSAKURA(さくら)は、メジャーデビューシングルです。発売時、地元厚木市や海老名市の特定のCDショップでは、CD購入特典として販促用のスタンプが付いてきたり、購入者対象に「いきものがかりのおうえんがかり」という特製の会員証のようなものが配布されたそうです。
表題曲「SAKURA」がヒットした理由としてNTT「DENPO115」NTT東日本エリアCMソングとして起用されたことがあります。具体的には同社がWBCのスポンサーであり、また放送中に同CMを流すことが多かったこと、CMテーマソングの紹介で「SAKURA」がピックアップされたことなどです。
sakura(さくら)の収録曲
・SAKURA (作詞/作曲: 水野良樹、編曲: 島田昌典)
「卒業」をテーマにした曲です。NTT「DENPO115」NTT東日本エリアのCMソングでもあります。プロモーションビデオ(pv)の撮影場所は、小田急小田原線の富水駅東口でタレントの加藤理恵が出演しています。
・ホットミルク (作詞: 山下穂尊・水野良樹、作曲: 山下穂尊、編曲: 亀田誠治)
ライブで最初に演奏される定番曲です。
・卒業写真 (作詞/作曲: 荒井由実、編曲: 江口亮)
荒井由実のカヴァー。
・SAKURA -instrumental-

いきものがかり sakura(さくら) 歌詞


編集中

いきものがかり うるわしきひと


うるわしきひと|青春のとびら(うるわしきひと/せいしゅんのとびら)は、5枚目のシングルで両A面です。
うるわしきひと/青春のとびらの収録曲
・うるわしきひと (作詞:水野良樹 作曲:水野良樹 編曲:江口亮)
コカ・コーラ「アクエリアス ビタミンガード」のCMソングです。プロモーションビデオ(pv)にはタレントの高山侑子が出演しています。
・青春のとびら (作詞:水野良樹 作曲:水野良樹 編曲:WESTFIELD)
映画『モンスター・ハウス』(日本語吹替版)のテーマソングです。また、『モンスター・ハウス』の映像を使用したプロモーションビデオ(pv)も制作されました。
・春一番 (作詞:穂口雄右 作曲:穂口雄右 編曲:江口亮)
1970年代のアイドルグループ・キャンディーズのヒットソングのカバー。
・うるわしきひと -instrumental-
・青春のとびら -instrumental-

いきものがかり 試聴・pv


Youtubeへリンクしています。
いきものがかり | いきものがかり SAKURA | いきものがかり うるわしきひと

いきものがかりの無料画像・待ち受け・壁紙を検索!


Yahoo!検索 (画像検索)
画像サイズ - すべて | | | | 壁紙 | 大きい壁紙

Google画像検索
画像サイズ - すべてのサイズ | | |

←クリック!

| アーティスト/ミュージシャン | 17:53 | Clips | Ranking
オススメ!!!

・もう見れなくなったかな?
ランキング上位のオカマだけど・・・
は必見!

CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS