スポンサーサイト

←クリック!

一定期間更新がないため広告を表示しています

←クリック!

| - | | Clips | Ranking

セカンドライフ(Second Life)でお金を稼ぐ方法・稼ぎ方

←クリック!

セカンドライフ(Second Life)でお金を稼ぐ方法稼ぎ方を紹介しています。

最近は、「セカンドライフ (Second Life) はじめ方から稼ぎ方まで」という本も出ているようにセカンドライフでお金を稼ぐということが一般的になったように感じます。

稼ぎ方」というキーワードがすごく気になったので、すぐ頼んでしまいました。

「セカンドライフ (Second Life) はじめ方から稼ぎ方まで」の内容紹介


セカンドライフ」は、全世界で500万人以上のユーザー数を獲得したネットワーク上の仮想空間です。

サービス内で使用されている通貨である「リンデンドル」は、実際の通貨に換金できるというこれまでにも珍しいサービスもあり、大きな注目を集めています。

しかし、一般ユーザーにとって操作性やインターフェースの問題があり、手軽に楽しめるまでには時間がかかっているというが現実です。

この本には、特に初心者がつまづきやすい点、具体的には基本操作やコミュニケーションマナー、通貨においての稼ぎ方などを丁寧に解説されています。

アバター変更の方法や3Dオブジェクトを作成する方法等を解説しており、その楽しみ方も紹介しています。

セカンドライフでお金を稼ぐには?


通貨に関しては、この本を儲けに関する本と勘違いすると本来の儲けにはつながりません。 1リンデンドル=1円として換算されますが、稼ぎの単位が例えていえば10分何か働いたら1円というくらいにしかならないからです。

このようなスポットがいくつもあるのでメモをとっておいて1円1円コツコツと稼ぐのも一つの手かもしれません。

そんな稼ぎ方は嫌だという方は、仕事の斡旋や不動産関連等を調べて稼ぐのもいいでしょう。

この他には、稼ぎの質のよいゲームがいいと思います。新しい物が好きな人向けあるいは、クリエイター向けといえます。

JUGEMテーマ:ビジネス

←クリック!

| セカンドライフ(Second Life) | 00:28 | Clips | Ranking

セカンドライフを運営するリンデンラボ(Linden Lab)社とは?

←クリック!

セカンドライフ(Second Life)を運営するリンデンラボ(Linden Lab)社について紹介しています。

アメリカ発のオンラインゲームである「セカンドライフ(second life)」は、米国のリンデンラボ社という会社が運営しています。

リンデンラボ(Linden Lab)社は1999年に米カリフォルニア州のサンフランシスコで創業されました。セカンドライフのサービスは2003年6月に開始しました。

初期のセカンドライフの面積は約16エーカーでしたが、現在はマンハッタンの3倍以上の広さになっています。
セカンドライフは、一般にオンラインゲームと呼ばれることが多いですが、リンデンラボ社では「World」と呼んでいます。

ユーザーの手によりセカンドライフの世界が作られているため、ゲームというよりはシミュレーターという表現のほうがよいかもしれません。

米国においては、不動産売買仲介や服飾デザインなどで年間10万〜20万ドル稼いでいる人もいるそうです。
最近では、その販促効果に目をつけたリアル社会の大手企業が新しい宣伝活動を行い、効果の可能性を探っています。

セカンドライフ(Second Life)の現状


セカンドライフでは、自分で作成した分身キャラクターを自由自在に操り仮想の世界で「第二の人生」が送れるゲームです。

参加している人たちとコミュニケーションを取ったり、買い物や会社を起こしてお金を稼ぐことも可能です。
現在、セカンドライフに参加している人は200万人を越えているといわれています。

ゲーム内では「リンデンドル」という通貨が流通しており、その流通量は1日に100万ドル近いそうです。更にそのリンデンドルを現実のお金に換金することも可能です。

これも現実と仮想空間の壁を感じない独特の世界であるセカンドライフの特徴といえます。

JUGEMテーマ:インターネット

←クリック!

| セカンドライフ(Second Life) | 00:26 | Clips | Ranking

セカンドライフは、メタバースのオンラインゲーム

←クリック!

セカンドライフメタバースについて紹介しています。

メタバース」とは、セカンドライフのような仮想世界のオンラインゲームを総称した呼び名のことです。

このメタバースに参加している人は、ゲーム中の自分自身つまりアバターの髪型、体系、服装などの容姿を自由に作成することができたり、それらを購入することができます。
また、土地を取得・購入したり、土地に家や建造物を建てたりすることもできます。

さらに車や自家用の飛行機など大型の乗り物もつくることができます。もちろん自分が作成した場所や他の人がつくった場所へ行ったり、そこで誰かに会い、会話を楽しむこともできます、なお自身で作成したものを販売することも可能です。

セカンドライフと今までのメタバースとの違い


これまでにあるメタバースとの大きな違いは、シナリオやストーリーが無いということです。ということは、自分で考え行動し偶然に起こる出来事を楽しむということになります。リアルな世界と同様にまたはそれ以上のことをセカンドライフという仮想世界で実現することができます。

よってこれまでのオンラインゲームと同じような感覚でプレイするのとは少し違いますし楽しむことができないかもしれません。これは、今までのゲームにはない新しいタイプの3Dオンラインコミュニティソフトだからです。

セカンドライフを楽しむには「目的」が大事


セカンドライフを楽しむには、まず色々な島や街へ行ってみて歩くとよいでしょう。そしてそこで出会うアバター達を見て、自分もこんな風になりたい感じ、作りたいと思うことで「目的」が生まれてくるでしょう。
目的には、「こういう建物を建てたい」、「土地を購入したいとか」、「仕事をはじめて、商品を作り、販売する」といったことも目的や目標になります。このような「目的」を持つことが試行錯誤を繰り返しセカンドライフを楽しむ秘訣といえるでしょう。

プログラムがわかる方や挑戦してみようという方は、LSLプログラムを研究してみるのもよいと思います。以上の他にも楽しみ方や秘訣、コツはたくさんあると思います。皆さんもこのセカンドライフの世界を体験してみましょう。きっと、多くの偶然や出会い、出来事があると思います。

JUGEMテーマ:インターネット

←クリック!

| セカンドライフ(Second Life) | 00:23 | Clips | Ranking

セカンドライフの歩き方-3Dオブジェクトの作成方法の講習会、ツールバーの「小さい地図」-

←クリック!

セカンドライフの歩き方


セカンドライフが初めての方やセカンドライフの歩き方が分からないという方に友人の経験を紹介します。
友人は、少し早くセカンドライフの住人となったのですが、それまではゲームというものに興味はありませんでした。しかし、セカンドライフをはじめてからは、不思議なバーチャルの世界・仮想世界を毎日のように歩いているといいます。

最初は、不安もあったようですが、日本語版でなくてもメニューは日本語表示されていますし、言葉も片言の英語で通じます。また、日本の町並みも存在し、従来の対戦型オンラインゲームと違って攻略や戦略を練る(ビジネス等をはじめるなら別ですが)必要もありません。旅行や趣味、遊び、仕事、お金稼ぎなど楽しみ方も様々です。セカンドライフは、ネットゲーム初心者の方でもきっと楽しめると思います。

仮想世界を充分に楽しむための必要な知識、セカンドライフの歩き方や、楽しみ方、ビデオカードのスペックなど、セカンドライフを存分に楽しむために必要な知識を今後も紹介していこうと思います。初心者を対象としているためスクリプトなどの高度な知識については、他サイトを参照されることをお勧めします。

3Dオブジェクトの作成方法の講習会


セカンドライフの中では、授業など教育を受けることができるように、初心者をはじめ無料で様々な講習会が催されています。講習会は、一部低料金の場合も有ります。

今回は、3Dオブジェクトの作成方法の講習会について紹介します。
箱作り〜雪だるまの作成という簡単なものですが、初心者の方でしたら苦手意識を感じている方も多いと思うのでその点、楽しく作ることができるのではないでしょうか。

日本語版ではなく英語の授業でしたが、見よう見まねで何とか作成できます。ジュエリー作成の講習会にも参加してみたいと思っています。

講習会のスケジュールについては、検索から「イベント」タブの中にあるプルダウンメニュー「教育」を選択し、日時を指定して検索ボタンをクリックすると見ることができます。私は、授業についていけないのではないか?と思った方もそこは仮想世界なので恥ずかしいと思うことはありません。気軽に参加してみましょう。

ツールバーの「小さい地図」


皆さんは、画面下に表示されているツールバーの「小さい地図」を活用していますか?
クリックすることで貴方の現在位置周辺の地図が小さいですが表示されます。
この地図の見方は、黄色の○が今あなたがいる場所です。また緑色の●が他の方がいる場所をあらわしています。
誰かを探したいときや一人になりたいときなどのこの地図を目安にして移動するのもよい活用方法といえるでしょう。

JUGEMテーマ:インターネット

←クリック!

| セカンドライフ(Second Life) | 00:21 | Clips | Ranking

「セカンドライフ(Second Life)」の日本語版がリリース

←クリック!

セカンドライフ(Second Life)」の日本語版リリースについて紹介しています。

仮想世界でのビジネスをはじめ、アメリカ発、多人数同時参加型の「仮想世界」体験型ロールプレイングゲームである「セカンドライフ(Second Life)」の日本語版がリリースされることが決まりました。

セカンドライフ(Second Life)の世界


セカンドライフ」の最大の特徴は、これまでのオンラインゲームのような目的意識やシナリオに従った形式で進行していくのではなく、決まった結末が用意されていないということです。環境シミュレーターや箱庭などの考えに近い仮想世界といえます。
セカンドライフの世界では、一定のルールはありますがその範囲の中でプレイヤーは、好きな乗り物に乗りドライブを楽しんだり、友人と話したり遊んだり自慢してみたり、好みの洋服を着たりと現実でもできることはもちろん、好きなように建物を建てたり、好きな仕事をしてみたりなど、現実にはできないようなこともできます。まさしく名前の通り「第二の人生」として満喫することが可能です。

セカンドライフの会員数


セカンドライフの会員数については、現在主流であるネットワークゲームの「World of Warcraft」、「エバークエスト」、「ウルティマオンライン」と比べれば少ないのが現状です。しかし、自由度が既存のゲームより高いことから、ゲームとしての評価というより「コミュニティ形成の場」、「エンターテイメントを総合的に楽しむ世界」としての評価のほうが高いといえます。

セカンドライフは、経済的な取引も可能


セカンドライフの特徴のひとつに経済的な取引も可能であるということがあげられます。
ゲーム内で使用されている通貨「Linden(リンデンドル)」は、アメリカドルとの相互交換が可能であるためゲーム内において現実顔負けの商取引が行われています。
また、ゲームの中だけでなく外部でもインターネットショップなどを通して取引が活発的に行われているため右あた上がりの盛り上がりを見せています。
もちろん、気になるセキュリティ等にも細心の注意を払っています。

日本語版の紹介ページ


【日本語版の紹介ページ】(http://jp.secondlife.com/)では「まもなく公開」という表記はされています。しかし、実際の開始は、まだ先であると思われます。
その理由として考えられるのは、現在の料金体系がアメリカドルとクレジットカードでの支払いしかできないということです。それを乗り越えてでも試してみたいのがセカンドライフの魅力です。正式な日本語版の公開まで心待ちにしたいものです。

JUGEMテーマ:インターネット

←クリック!

| セカンドライフ(Second Life) | 00:18 | Clips | Ranking

セカンドライフ(Second Life)とは?

←クリック!

セカンドライフ(Second Life)について紹介しています。

セカンドライフの主な概要は、バーチャルワールドの世界、つまり3Dのオンラインスペースでユーザーの創造いかんで様々なことを発展させていくことができるサービスです。
この世界では、ユーザーが想像するあらゆるものを実現できるといっても過言ではありません。
あらかじめ内蔵されているコンテンツクリエーションツールを使用しバーチャルワールドに住む他の住人とリアルタイムで協力することができます。そして想像できるものを創出すことができます。
カスタマイズ可能なアバターと呼ばれているデジタルボディも柔軟性に富みアイデンティティを作り出すことが可能です。

セカンドライフ内ではビジネスも可能


セカンドライフ内では、人口増加に伴いネットワークが拡大・構築され、まるで現実のような世界に近い環境に入り込むことができるでしょう。
また、セカンドライフではリアル社会と同じようにビジネスを構築することが可能です。
そのためには、土地と現実の現金と交換可能なマイクロ通貨を所有し自己の開発能力を活かし、組み合わせていくことが必要になります。

セカンドライフは簡単に始められる


セカンドライフ自体のインストールは、意外と簡単なものです。
基本となる移動や体験も簡単で楽しいという声が多く上がっています。貴方自身がセカンドライフの世界に飛び込んだあとは、さまざまな人たちが手助けしてくれるでしょう。そして世界中の人たちと一緒に世界中を歩き回ってみてください。
セカンドライフは、これまでに例のないクリエイティブな自己表現の場となります。様々な職業の方たちと出会うことでその体験は、驚きの連続となるでしょう。あなたも貴方が欲しいものを創りましょう。セカンドライフの可能性は無限大です。

セカンドライフの可能性


以下にセカンドライフの可能性をいくつかピックアップしてみました。
探検
驚きの冒険が連続の無限の世界

創造
自身が想像するあらゆる物を創り出すことが出来ます。例をあげるとキャラクターの容姿を架空のスーパーヒーローに変化させるなど。

売買
リンデンドルを取得したり現金に交換することで現実世界の生計を立てることも可能です。

所有
土地をはじめ不動産を手に入れることが出来ます。これはあなたのものなので、インワールドで好きなように使ってください。

JUGEMテーマ:インターネット

←クリック!

| セカンドライフ(Second Life) | 14:09 | Clips | Ranking
オススメ!!!

・もう見れなくなったかな?
ランキング上位のオカマだけど・・・
は必見!

CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS