スポンサーサイト

←クリック!

一定期間更新がないため広告を表示しています

←クリック!

| - | | Clips | Ranking

美濃焼(美濃焼き)

←クリック!

美濃焼(美濃焼き)について紹介します。

クリップ美濃焼(美濃焼き)とは?


美濃焼(美濃焼き)とは、「みのやき」と読み岐阜県土岐市、多治見市、瑞浪市、可児市を産地とする陶器のことです。美濃焼きの特徴は、時は桃山時代、以前にはなかった自由な発想の陶器が「美濃桃山陶」と呼ばれるものでした。有名どころは、古田織部の「織部好み」、志野茶碗の「卯花墻」(うのはながき)です。
美濃焼の歴史は、平安時代に作成された須恵器から発展したといわれます。そして「黄瀬戸」の原型は、鎌倉時代に焼かれ始めました。室町時代に瀬戸の陶工が戦火を逃れ美濃に入り桃山時代に「美濃桃山陶」が焼かれ産地となりました。青磁器風陶器「御深井」は、江戸時代初期に焼かれました。磁器の生産は、江戸時代末期に始まり現在は、日本の和食器・洋食器の大半を生産する大窯業地となっています。

クリップ美濃焼(美濃焼き)の作者


美濃焼(美濃焼き)の有名な作者には、人間国宝である荒川豊蔵(1894年-1985年 多治見市)、加藤卓男、加藤幸兵衛、加藤孝造(岐阜県瑞浪、加藤幸兵衛,荒川豊蔵に師事。日本伝統工芸展朝日賞、朝日陶芸展優秀賞,東海伝統工芸展最高賞等、 日本工芸会正会員。志野・瀬戸黒を焼く)などがいます。

クリップ美濃焼(美濃焼き)を検索!




ショッピング・ネット通販・オークション
楽天市場 | 楽天オークション" target="_blank">楽天オークション | Yahoo!ショッピング | アマゾン

←クリック!

| 日本文化・日本の歴史 | 11:54 | Clips | Ranking

ぐい呑み ぐいのみ ぐい飲み

←クリック!

ぐい呑み ぐいのみ ぐい飲みについて紹介します。

ぐい呑み ぐいのみ ぐい飲みとは?


ぐい呑みとは、ぐいのみと読み、日本酒を飲むための盃(さかずき)の一種です。一般的にお猪口(ちょこ)と呼ばれるものよりもサイズの大きいものをいいます。
ぐい呑みと(ぐいのみ)、盃(さかずき)・ お猪口(ちょこ)は、いずれも酒器の一種で酒を飲むときに用いられる道具です。日本の生活や文化を支えている代表的なものです。

ぐい呑み ぐいのみ ぐい飲み以外の酒器について


盃(さかづき)
盃は、酒を飲むための酒器であるだけでなく日本文化の中では、複雑な容器を越えたものといえます。例えば「盃を交わす」、「盃を取らせる」といった表現から分かるように、人間関係や名誉、格式などの文化事象と関連しています。江戸時代後期には、陶磁器の盃もあたようですが、現代の盃といえば「塗り盃」というのが現状のようです。
盃に酒を注ぐ酒器を片口といいます。片口は、日本の伝統的な食器で日本酒の器以外にも用いられます。

猪口(ちょこ・ちょく)
徳利から酒を受け、飲むのに用いる小さな器です。通常、徳利とセット使用します。江戸時代には、上方でも江戸でも、宴の初めのうちは盃で酒を受け、宴も半ばを過ぎ座がくだけてくると猪口に変えたといわれています。

酒を注ぐための酒器には、徳利(とっくり・とくり)や現在も使われる、燗をつけた酒を移し入れる器の銚子(ちょうし)があります。

ぐい呑み ぐいのみ ぐい飲みの画像・壁紙を検索!


ぐい呑みの画像・壁紙を検索しています。
Yahoo!検索 (画像検索)
画像サイズ - すべて | | | | 壁紙 | 大きい壁紙

Google画像検索
画像サイズ - すべてのサイズ | | |

JUGEMテーマ:メモ。
|
JUGEMテーマ:グルメ

←クリック!

| 日本文化・日本の歴史 | 02:19 | Clips | Ranking

手ぬぐい(てぬぐい、手拭い)-日本、京都、かまわぬ-

←クリック!

手ぬぐい(てぬぐい、手拭い)について紹介します。

手ぬぐい(てぬぐい、手拭い)とは?


手拭は、てぬぐいと読み、江戸弁・博多弁では、てのごいともいわれる木綿の平織りの布です。手ぬぐいには色々なおおきさのものがありますが一般的な大きさは約90cm x 35cmぐらいです。また、色は、白地に藍染という柄が多いようです。手ぬぐいの作り方は、昔とほぼ変わらず職人による手作りが多く、柄の滲み具合や長さが異なり、同じものが無いのも手ぬぐい独特の味となっています。
手ぬぐいの用途は、手を拭いたり洗顔や入浴した時に体を洗ったりするために使われます。また、田舎で暮らしている方や暮らした経験がある方は、ご存知と思いますが日よけや汗を拭くために頭にかぶることもあります。私の祖母やおじさんが常に持っていたのを思い出します。
手ぬぐいの起源は明らかにされていませんが江戸時代には手拭という言葉が使われていたようです。そして、庶民に普及したのもその頃といわれています。また、商人や歌舞伎役者の間では名刺の代わりとして使われていたようです。

手ぬぐい(てぬぐい、手拭い)の特徴・利点等


手ぬぐいは、100%綿でできた薄い布なので吸水性に優れ、切りっ放しゆえに乾きやすく雑菌も繁殖しにくいといわれます。現在、日本の日常生活においてはハンカチやタオル使われることが多いですが手ぬぐいが忘れられたというわけではありません。粗い平織りで長さのある手ぬぐいには多くの利点があります。農作業、伝統芸能、祭、剣道などでのかぶり物、鉢巻、目隠し、汗ぬぐいなどに使われています。そして身近には布巾として使われており贈答品やイベントの際の記念品として受け取ったことのある方も少なくないのではないでしょうか。最近は、若者にも注目され様々な柄がデザインされ和小物の店や手芸店、またインターネットのネットショップ等で通販できることもあります。
手ぬぐいの特徴として、手拭の端のほうがわざと縫われていないのはご存知でしょうか。これは傷を負ってしまったときや下駄の鼻緒が取れたりした時などの緊急時に用途に合った大きさに簡単に切ったり破れるようにするためです。

日本 手ぬぐい(てぬぐい、手拭い)


手ぬぐいというとその多くは日本古来のものをいいますが、明治時代に西欧から伝わったタオルを含むこともあります。そのため、それと区別するために、日本手拭という言い方をする場合があります。味わい深い独特の風合いが粋な日本手ぬぐいともいわれています。粋な日本手ぬぐいの染め方として「注染」という昔ながらの染め方があります。「注染」とは、職人の手彫りの型紙を使用して、防染め糊を引いた所に手で染料を注いでいくという染め方です。その都度、にじみやゆらぎの独特の表情が色あいや、輪郭に出ることで有名です。
これからも手ぬぐいが日本人の暮らしに溶けこみ、愛され続ける、例えるなら豆腐のような存在であればよいですね。

かまわぬ 手ぬぐい(てぬぐい、手拭い)


かまわぬ」とは手拭い専門店のことです。また、「かまわぬ」は、鎌と輪の絵に「ぬ」の文字を合わせて読む判じ絵のことです。江戸時代元禄の頃、町奴(まちやっこ)達が好んで身につけていたとされ、その後歌舞伎役者の七代目市川団十郎(1791〜1859)が舞台衣装に用いたとされ、当時、庶民の間で流行ったようです。
手拭い専門店「かまわぬ」では、手拭いなど古き良きものを新しい感覚で取り入れ商品化しています。それは、手拭いに留まらず、手拭いや晒を使った和雑貨、遊びのある雑貨を展開しています。

JUGEMテーマ:メモ。

←クリック!

| 日本文化・日本の歴史 | 18:34 | Clips | Ranking
オススメ!!!

・もう見れなくなったかな?
ランキング上位のオカマだけど・・・
は必見!

CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS